残高スライドリボルビング方式のカードローン

残高に応じて支払額が変わる

カードローンの残高スライドリボルビング方式は、元本の額に応じて支払額が変わる仕組みのリボルビング方式です。定額方式の場合はいくら借入をしても毎月の支払いが一定というメリットがありますが、利用額が大きくなると支払額に占める利息の割合が大きくなるため、なかなか債務が減っていきません。その点、残高スライドリボルビング方式なら支払額そのものが増えるため、利息が増えたとしても元本に充当される額は変わらないので支払いが間延びすることを防げるメリットがあります。もちろん、その分毎月の支払いが増えてしまうため、使いすぎた場合は支払いがきつく感じてしまうこともあります。このようにそれぞれに利点があるため、どちらが良いかは一概には言えません。

早期に完済するためにすべきこと

リボルビング払いは定額リボルビング方式であっても、支払いにおける元本への充当額は一般的な返済方式に比べて少ないです。そのため、定額リボルビング方式だから安心という考えは捨てた方が良いでしょう。カードローンは毎月の支払いのほかにもATMや振り込みによって追加返済をすることができます。早期に完済したいと考えているなら、余裕がある時にはこれらの方法で追加返済をするのがおすすめです。そうすれば、元本に充当される額が大きくなるため、払ってもなかなか元本が減らないという負のスパイラルから逃げ出すことができます。また、使い過ぎを防ぐためには、毎月最低一回は現在の元本の額と支払額をチェックしておいた方が良いです。

© Copyright Make Repayment Plan. All Rights Reserved.