カードローンの元利均等返済

元金と利息の比率が変わる

元利均等返済は、ローンの中でも金額が大きくて返済期間が長いローンに使われることが多いです。毎回の返済金額が一定で、金額の内訳としては元金と利息の比率が毎回変化していきます。利息は、前回返済後の借入金残高に対してつきます。この支払い方式のメリットは、常に毎回の返済額が一定なので、返済計画が立てやすいことです。逆にデメリットは、返済当初は金利部分ばかりを支払うことになるので、元金がなかなか減らずに、元金均等方式と比べると利息負担が増えることです。1000万円の借入で、金利3パーセント、期間10年で毎月返済していくとなると、1回目返済前の借入金の残高は、1000万円に1.03乗じればいいので、1030万円ということになります。1回目に返済終了後の借入残高は、1030万円から毎月の返済額を差し引けば求めることができます。

利息支払いは多くなるが

元利均等支払では、決めている返済回数が10回なら10回目で借入残高がゼロになるように、毎回の返済額が最初に設定されています。また、1000万円を金利3パーセント、10回払いで返済するとした場合、毎回返済額は117万2305円となり、合計返済額は1172万3050円です。利息のみの合計金額は172万3050円となります。仮に元金均等支払で同じ条件で借入を行ったとすると利息のみの合計は165万円ですから、支払う利息は元利均等支払のほうが多いということがわかります。しかし、借入金額の大きければ長期返済になりやすいことも考慮すると、返済の計画性も含めて自身の負担にならない返済方法を選択することが大事です。

© Copyright Make Repayment Plan. All Rights Reserved.