定率リボルビング方式のカードローン

定率リボルビング方式なら安定した返済が可能

ガードローンの借入金の返済方式の中には、定率リボルビング方式の返済方式というものがあります。これは、借入金に対して、一定の割合をかけて金額を出し、それを支払っていくというものです。定率リボルビング方式の計算方法では、毎月の返済金額は借入金額に一定の割合をかけて求めることになっていますが、この一定の割合は契約の限度額で異なってきます。例えば、1万~30万円未満の借入だと4.2%からの割合となり、30万~100万円未満の借入だと2.0%からの割合となるなど、通常は借入の金額が多くなると割合は小さくなります。また、利息についての計算方法は、利息=借入残高×借入利息+365日×利用日数となります。そのため、借入残高が少なくなるほど利息は少なくなっていきます。それに、利用日数分の計算がなされるので、少しでも早く返したほうが良いということができます。

早め早めの返済が得を生む

さらに、借入残高については、返済を積み重ねていくごとに残高が減っていくので、利息も減っていくわけです。定率リボルビング方式は、返済方式を定めているもので、借入金額×一定の割合という形で毎月の返済金額が計算できます。もちろん、自分の都合で最少返済金額以上ならばいつでも返済することができます。早めに返済すれば、それだけ得をするというわけです。早めに完済すると、かなりの金額で得ができることになります。ただ、完済する場合は、ATMを利用するのは避けたいところです。ATM利用だと、硬貨の利用ができないため、1000円未満の端数は切り上げられてしまうからです。事前に金額を確認するなど、準備を万全にしておきましょう。

© Copyright Make Repayment Plan. All Rights Reserved.